お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

自分の限界を、自分で決めていませんか?

f:id:kidism:20160724175022j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

マトリックスという映画を久しぶりに見ました。この夏、BSで3部作が放送されていたんですね。

かれこれ、15年以上前に作られた作品ですが、AI(人工知能)やVR(仮想現実)など、今、話題の要素が盛りだくさん。そして、SFアクションにも関わらず、そのスピリチュアルな世界観に引き込まれます^^

私はこの映画を観ると、いつもハッとさせられるんです。「自分の限界を、自分で決めてしまっている」のではないか?と。

自分の限界は、自分で決めている。よく聞く、平凡なメッセージですよね。でも、きちんと自分事として理解したとき、日常のモヤモヤや閉塞感など、さくっと吹き飛んでしまうかもしれません。

 

限界を決めると、願いに届かない

マトリックスの一作目に、こんな面白いシーンがあります。(未見の人もいらっしゃるので、ストーリーには触れませんが・・・)

「主人公たちが仮想空間の中で、ビルの屋上から、30メートル先のビルの屋上へ飛び移る」というもの。

仮想空間なので、不可能はないはずなのですが、主人公は真っ逆さまに落下します。なぜなら・・・、落ちることへの恐怖心があったから。

失敗したらどうしよう・・・という思いが強いと、夢や想像の世界であっても、人はビルからビルへは飛び移れない。

自分の限界を、自分で決めてしまうと、本来、できるはずの能力があっても、願いに届かなくなってしまう。

 

もしも、あなたから「恐れ」が消えたら・・・

私には、それからあなたにも、叶えたい夢や目標や暮らしがあるでしょう。けれど、胸のうちでこういう声も聞こえるのでは?

「どうせムリなんじゃないか」
「やっぱりダメなんじゃないか」
「今のままでもいいじゃないか」
・・・と。

誰でも失敗は怖いですよね。傷ついたらどうしよう、立ち直れなかったらどうしよう、そう考えると、モヤモヤの堂々巡りに。

考えすぎて、限界を作ってしまう原因は、私たちの中にある「恐れ」です。いつでも恐れが、私たちの自由で豊かな人生を邪魔しています。

 

こんな想像をしてみてください。

もし、一切の恐れがなくなったら、あなたの人生はどう変化するでしょうか?

恐れをゼロにはできないとしても、少しでも、今よりやわらいだら・・・?きっとそれだけで、人生の可能性がぐっと広がっていきませんか?

 

誰もが、これまでの体験や思い込みから、自分はこんなものだ、という限界線を引いています。

「私には幸せになる価値がないのでは・・・」と、ひそかに恐れている人がいます。「私の人生はこんなもの、今生はこれで十分」とあきらめモードにはまっている人もいる。

本当はもっと幸せになっていい、十分な素地を持っているように見えるのに。

 

f:id:kidism:20111003130230j:plain

あなたの現実を生み出しているのは何?

じつは、 「すでに十分である」という感覚は、豊かさを引き寄せる磁石になります。充足感が、充足した現実を引き寄せ、欠乏感が、欠乏した現実を引き寄せるから。

ただし、その「もう十分」という感覚の裏側に、他人や周囲への恨みがましい気持ちがあるのなら、気をつけてください。

もっと幸せになれる、いや、自分にはムリだという葛藤のはざまで、無意識に限界線を引こうとしているサインです。

 

もちろん、人生に不可能はない、という夢物語を叫ぶつもりはありません。私たちが暮らす世界には制約があり、仮想空間ではありませんから。

それでも、「自分で限界を決めているのでは?」と気づくだけで、お金であれ、愛であれ、今、思っている以上のことを経験することは可能です。

 

「心」が「行動」を生み、「行動」が「現実」を作り出します。そして、今のあなたの「現実」は、あなたが勝手に限界線を引いた「心」が生み出しています。

 

いつでも、別の新しい可能性がある

幸せを求めるうえで、あなたは何が怖いですか?失敗すること、人から笑われること、自分の力のなさにがっかりすること、・・・他にもいろいろありそうですね。

恐れというのはしっかり向き合うほど、やわらいでいくという性質があります。

人は慣れ、順応できる生き物。まずは自分の中にどんな恐れがあるかに気づきましょう。私たちは何歳になっても、限界線をゴシゴシと消しゴムで消すことができます。もっと自由に生きられるということです。

 

マトリックス、興味があったらぜひご覧くださいね^^ とくにマトリックスの一作目。「自分の限界は自分で決めている」ということの意味を、感覚的に理解できるかもしれません。

SFアクションですが、男女の愛も物語のキーになっていて、主演のキアヌ・リーブスもかっこいい。男性だけでなく、女性でも十分に楽しめると思いますので。

ちなみに・・・、監督したのはウォシャウスキー兄弟でした。が、時を経てふたりは性転換し、今ではウォシャウスキー姉妹になっているそう。さすがに彼ら(いや、彼女ら)の人生にも限界がないようですね^^

自分たちは男だと思っていたが、実は女であったと気づいた彼らの行動は、示唆に富んでいます。

長年持ち続けてきた「私はこんなものである」という思い込みは、いつでも「私には別の新しい可能性がある」という、ドラスティックな変革が誰の身にも起こり得るということです^^

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.