お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

ライフサイクルで、「人生の転換期」を乗りこえる。

f:id:kidism:20141110124117j:plain

こんにちは!ライフコーチの小島です。

この地球上にあるものはすべて、移ろい、変化しますよね。どんな生命も、永遠に同じままではいられません。私たちの身体を構成するすべての細胞は、一定の周期で常に入れ替わります。誕生し、成長し、老いて、やがては消えます。

人生に変化はつきもの。頭では分かっているのに、実際は「変わりたくない」と抵抗してしまうのが、私たち人間です。あなたはそんな自分に気づいていますか?人生には移ろいや流れがある。それを人生の周期、ライフサイクルと言います。その波に乗るか乗らないかで、生きやすさや生きにくさの違いが生まれます。

自然から「サイクル」を学ぶ。

秋になると、イチョウの葉っぱは自然に黄色くなります。風の冷たさも分からないのに、秋になったと分かるなんて不思議。。じつは植物は赤色と青色、遠赤色、紫外線を見分け、香り、感触、重力を感知できるそうです(植物はそこまで知っている/ダニエル・チャモヴィッツ著)。

彼らなりの方法で季節の変化を感じているんですね。秋から冬になると、今度は枯れた葉を地面に落とします。そうやって流れに身を任せ、春になるとまた、青々とした葉を茂らせます。

植物はおおまかに、発芽成長開花・結実枯死休眠(種)、というライフサイクルを持っています。芽を出し、葉をつけ、花を咲かせ、実をつけ、枯れます。草花や樹木で違いはありますが、植物はこうしたサイクルを何億年も繰り返して、この地上で繁栄しつづけてきました。

自然の一部である私たちもまた、このサイクルを回っています。アルバート・アインシュタインがこんな言葉を残しました。

自然を深く観察しなさい。そうすれば全ての物事をより良く理解するようになるだろう」。

 

人間のライフサイクル

人間も、誕生、成長、成熟、老、死という大きな生命の流れのなかにいます。その大きな流れにあって、勉強や仕事、恋愛や結婚といった複数の領域で、小さなサイクルを繰り返していきます。

たとえば、学校に入って、成長し、成熟して、卒業する。また進学して、成長し、成熟して、卒業する。社会人になってからも、職場や立場の変化に応じて、同じようなサイクルを経験します。一方で、誰かと出会い、恋をして、愛を育み、うまくいけば結婚して、そこから新しいサイクルを始めます。

私たちは、創造→成長→成熟→(混乱→手放し)→休眠という「サイクル」をぐるぐる回りながら、「生命」のらせん階段を登っているのです。

 

f:id:kidism:20150323103931j:plain

「人生の転換期」は混乱とともに。

仕事であれ、恋や結婚であれ、新しいトキメキは私たちの胸を躍らせます。力強い「創造」のエネルギーに背中を押され、「成長」「成熟」して繁栄を謳歌します。やがて、永遠に続くかのような繁栄にも影が忍び寄ります。歯車が狂いはじめて、イライラが募る。「今までうまくいっていたのに、何かがおかしい・・・」。

もう、小手先のことでは解決できず、「どうしたらいいか分からない」「にっちもさっちも行かない」状況になる。これが「混乱」しているステージ、いいかえると「人生の転換期」「人生の転機」です。私たちは戸惑い、現状にしがみつきます。変わるのは怖いですから。でも変化を受け入れると、その「混乱」からスムーズに脱出できます。

混乱したら、何かを手放す。

混乱からスムーズに抜け出す鍵は、「手放し」です。「手放し」とは、「混乱」の原因となっている、もう役に立たない物事や状況、考え方を手放すことです。クローゼットが古い服でぎっしりだと、新しい服が入りませんよね。昔の恋を引きずっていたら、誰かを好きになるのも一苦労です。

この時、何が大切で、何が不用かをいち早く見極める必要があります。過ぎ去った恋を振りかえると、その意味が分かるかもしれませんね。終わった恋に執着するほど、新しい恋が始まりません。ぐずぐずと「手放し」せずにいれば、停滞したままで、長い時間を過ごす羽目になります。

「混乱」に気づいたら、「何か手放せるものはないか?」と自分に尋ねてみましょう。たとえば仕事が回らなくなったら、デスクに溜まった書類を捨てる、抱えている仕事や担当先を減らす、こだわりやプライドを捨てる、長年の働き方を手放す・・・etc.

それは身近なモノかもしれないし、ちょっとした習慣や、誰かへの怒り、不満かもしれませんね。人によっては小さな手放しが、仕事や人間関係を好転させるきっかけになります。

もちろん、誰にとっても、手放すことは簡単でありません。むしろ現状にしがみついて、変わらないよう必死に抵抗します。この地球で変化に抵抗する生命は、きっと人間だけでしょう。

私やあなただけではありません。人間はいつも変化を恐れてしまう。私たちの潜在意識は「今日が昨日と同じ」であることを望んでいます。同じであるほうが、安心できますから。それでもただ、「何か手放せるものはないだろうか?」と問いかけてみましょう。

イモムシも、その生涯をイモムシのままでは暮らせません。いつかはチョウになって空へと羽ばたきます。枯れ葉を落とした枝には、あたらしい若葉が芽吹きます。あなたが「混乱」に直面しているのは、その先で「新しいあなた」が待っているからです。

手放したその先で、「創造」がはじまる。

そうやって何かを手放せると、しばらく「休眠」の状態に入ります。休眠は次のステージへ上がるための準備期間。このときに宿したが後で芽吹き、新しい「創造」のサイクルが始まります。

イモムシもチョウになる前に、サナギになって「休眠」しますよね。ほとんど動かずに、殻のなかで自分の体を作り変えています。私たちの人生も新しく動き始める前に、一見動きの少ない、停滞しているように見える時間がある。でも、変化は必ず起こっていますし、焦りと不安で何かを始める必要もありません。

ライフサイクルは自然に回っている。自然のサイクルに身を委ねたなら、あなたは羽をひろげ、花々を自由に飛び回るでしょう。あなたの「創造」のステージは、すぐそこまで来ています。

 

f:id:kidism:20120428160527j:plain

ライフサイクルを知って、人生の波にのる。

そして、もう一つ大切なことがあります。ある事柄では「混乱」していても、別の事柄では「創造」や「成長」「成熟」の楽しいサイクルにいるかもしれないということです。私たちはとかく、ネガティブなひとつの状況にばかりを見て落ち込み、人生のすべてがダメなように感じてしまいます。

混乱にばかり目を向けず、他で上手くいっている事は存分に楽しんでくださいね。人生のすべてに「混乱」を持ち込まないでください。ライフサイクルを知ると、ちょっとホっとしませんか?今が苦しくつらい時であっても、いつかは抜け出し、また春がやってくると信じられるから。流れに乗り、人生の転換期をスムーズに乗り越えましょう。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.