お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

なぜ、肝心なことは、引き寄せられないのか?

f:id:kidism:20160221110646j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
おとといはWBCの準決勝でしたね。日本vsアメリカ、残念ながら惜敗してしまいましたが。。たとえ一流選手でも、緊迫した状況下では、あっけなくミスしてしまうんだなって、あらためて思いました。

いや~、いつもどおりって、ホントーっにむずかしい。

先週まで観ていた「A LIFE(ア・ライフ)」という日曜ドラマにも、似たようなエピソードがありました。木村拓哉さん演じるスゴ腕の外科医が、実父を手術することになるんですが・・・、

いつも完ぺきな主人公がふだんならあり得ない、執刀ミスをしてしまうという。。近親者の手術は、冷静さを欠くため、行なわないのが通例で、「特別な人の手術はむずかしい」のだそうです。

じつは、お金でも、愛でもそうですが、「(これは)重要だ、(この人は)特別だと思うほど、どんどん引き寄せにくくなる」というジレンマが生じてしまいます。

引き寄せたいことを重視しすぎ?

あなたが引き寄せたいものが何であれ、その対象を重要視しすぎると、引き寄せがうまく働かなくなるんですね。

「願望実現の法則 リアリティ・トランサーフィン」という本のなかに、こんな分かりやすい例え話があります。

「あなたが地面に横たわっている丸太の上を歩かなくてはいけないとしたら、朝飯前にやってのけることだろう。

それでは、その丸太が、二棟並んでいる高層ビルの屋上から屋上へかけられているとしたら、どうだろうか?

 

何としても、渡らなければならない、という思いは、おそらくあなたの足元を大きくぐらつかせるはずです。

何としても!何が何でも!という強い意志は、強靭なメンタリティをもっている一部の人にとっては、望み通りの結果をもたらすかもしれません。けれども、私たちのほとんどは、そんなに強くない。。

プレッシャーがかかるほど不安や恐れを感じて、むしろ力を発揮しにくくなってしまうでしょう。

だとしたら、わざわざ自分でプレッシャーをかけないほうがいいし、そのためには、自分の中にある「重要性」を低くしたほうがいいんですね。

 

執着するほど、遠ざかっていく

あなたは願望や目標をどれだけ「重要視」しているのでしょう?試しにまず、あなたが引き寄せたいことを思い浮かべてください。

そして、「どうしても、それを手に入れなければならない。でないと私は・・・」この後にはどんな言葉が続くでしょうか?ちょっと想像してみてくださいね。

   ・・・

たとえば、「あなたでなければダメなの。どうしてもあなたは、私にとって必要な人なの!でないと私は・・・」と、あなたの足元にすがりすく異性がいたら、きっとあなたはこう思うかもしれません。

「お、重い・・・」

もしくは、「どうしても、この商品を買ってもらいたいんです。絶対に損はさせません。いや、買わないと損しますよ!でないと私は・・・」と営業マンや販売員に言われたら?あなたはきっとこう思う。

「重い、うざいよ・・・」

なんにしても、熱意や真剣さは必要ですよ。けれども、「熱心である」ことと「執着する」ことには雲泥の差がある。

 

お金が欲しい!愛が欲しい!あなたが欲しいモノやコトや人をストーキングする(しつこくつきまとう)ほど、その対象はあなたから離れようします。

何かや誰かを「特別なこと、肝心なこと、なくてはならないこと」だと重視するほど、丸太のかかる高さは数メートル、数十メートルと上がっていき、その実現がむずかしくなる気がする、んですね。

 

f:id:kidism:20160509124948j:plain

重要性を引き下げるためには?

では、重要性を引き下げるために、私たちができることは何でしょうか?あくまでも一例ですが、思いつくままに挙げてみますね。

  • 保険をかける(他の選択肢をもつ)
  • 状況にどっぷり浸らない(少し距離を置く)
  • 責任を感じすぎない
  • 行動そのもの(プロセス)に集中し、楽しむ
  • 恐れや不安をやわらげる

目指すところは、「ベストは尽くすけれど、結果にこだわらない」といったところでしょうか。

 

私たちはどこか、「真面目にがんばらないと、物事はうまくいかない」「ピンチになったら、深刻な顔をしなければならない」と、わざわざ、必要もないのに、重要性を高めてしまうところがあります。

本当はどんなときもリラックスしていたほうがいいんですけどね。そのほうが落ち着いて、周りがよく見えるし、いつもの自分を発揮しやすくなりますから。(わたしも日々、反省です・・・^^)

執着とは、「何がなんでも~しなければならない」といった、過剰な思い込みです。そのフィルターで世界を見渡すと、すべてが深刻で、重く感じられる。。

ベストは尽くして、こだわらない

そういえば!

ジャニーズのチャラ男として人気がある手越祐也さんは、女性に告白するとき、早い段階でこう言うそうです。

「付き合わなくてもいいから、好きでいていいですか?」

いや~、チャライですね^^ ですが、だからこそ、重くない。おそらく、相手にも自分にも、心理的な負担が、軽い。好意を伝える、というベストは尽くしても、「何がなんでも」と結果には執着しない。

 

願望に対して、熱心なこと、大切にすること、好きになること。何かを上手にやったり、引き寄せたりするのにはこの3つがプラスに働きます。

ただしそこから、「なんとしても、~しなければならない」という重要性が高まってきたら、赤信号がチカチカ点滅しはじめる。

もしも、どうでもいいことは叶うのに、肝心なことが引き寄せられない・・・のなら、お金や愛や、誰かや何かを、あまりに「重要視」しすぎて、自分にプレッシャーをかけすぎているのかも。

 

ようやくポカポカと、春らしい日が増えてきました。すこし肩の力を抜いて、新しい季節を楽しんでいきましょうね^^

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.