お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

家計の見直しが、なぜ失敗するのか?

f:id:kidism:20140717061149j:plain

こんにちは!ライフコーチの小島です。

今日のテーマは、「家計の見直し」とお金を遠ざける「思いグセ」についてです。私は以前、ファイナンシャル・プランナーとして、個人の家計改善をアドバイスする会社に6年ほど勤めていました。もう10年以上前のことです。家計の支出を抑えるために、お金を払って相談する、なんてことに違和感のある人もいるかもしれませんが・・・。

プロのアドバイスって、なかなかバカにできないんですよ。保険料を必要以上に払っていたり、不用意な住宅ローンを抱えている人がたくさんいます。それを見直すだけで、生涯支出を数百万円マイナスさせた事例を、何度も見てきましたから。携帯料金だって、生涯支出で考えたらけっこうなものですよね。

お金と向き合う準備があるか?

以前、私はド近眼でコンタクトレンズを使っていました。使い捨てだったので、結構費用がバカにならない。そこで、生涯支出を計算して、30万円のレーシック手術でもやったほうが、生涯支出が安いことに気づき、実際にそうしました。今のところ、コンタクトレンズのわずらわしさも減り、支出も減って、ずいぶんトクをしたなと感じています。

家計って、入ってくるお金が出ていくお金より多ければいいので、本当はそれほどむずかしくない。家計簿つけるとか、節約だって過度でなければ、楽しい生活を妨げるものでもありませんし。けれど、そうしてお金を払ったり、コツコツやってまで、家計の出入りを見直す人って、少ないんですよね。

そもそも人は、あまりお金と向き合いたくないものです。お金やお金の話に抵抗がある。お金はよくないもの、お金の話はいやしいこと、そんな「思いグセ」があるからですね。自ら家計の見直しができる人は、よほど切羽詰まっているか、お金にあまり抵抗がない人、自分のお金と向き合える心構え、準備ができている人たちなんです。

お金は欲しい、でも、考えたくない・・・

たとえばこう聞いたとします。

あなたの預貯金額はいくらか、今、正確に言えますか?

 

          ・・・

 

ちゃんと答えられる人は、日々、お金と向き合えている人です。けれど、私たちの多くは「今、自分がいくら持っているか?」なんてことも、知らないものなんですよ。

お財布にいくら入っているか、教えてください。

 

          ・・・

 

そう言われても、分からなかったりする。ちなみに、今、分かります?実際にお財布を開けて、比べてみたらいいと思います。ぜんぜん、思っていたのと違っていたりしますから。それだけ、私たちってお金のことを、あまり考えたくないんですよね。お金が欲しい、欲しいと願いながら・・・。

お金のことを無意識に考えたくない、そういう自分に気づいているか?」この気づきは、ものすごく重要です。気づいていれば、いくらでも変えられるから。

たしかに、日々、仕事や家事、育児、趣味で忙しいですよね。お金の心配やプランニングにあまり時間を使いたくないものです。私もそうでした。貯金通帳なんてまったく見ない人で、毎月いくら入ってきて、いくら出ていくのかも気にしなかった。ファイナンシャルプランナーとして働いていたときもですよ、笑。

気にしない、なんて聞いたら、太っ腹なイメージですけど、 本当はお金のことを考えたくなかったんです。もっと、目の前にある楽しいことや、将来の夢や目標ばかりを追いかけていたかった。そういう生き方でうまくいく人もいるけど、どこかでお金にがんじがらめになる人もたくさんいるんです。

家計の見直しとココロの影響

お金の流れを改善しようと思ったら、ココロの影響は無視できません。人によってお金から逃げたい理由はいろいろですが、お金が嫌いとか、お金は卑しいとか、お金を無意識に遠ざけておきたい理由がある。その気持ちに気づき、ちゃんと解消しないと、一時的に家計を見直せても、自分で収支がプラスになるような暮らし方は続かないでしょう。

お金のことが嫌いなままだと、入ってくるお金の量を無意識に減らしたり、出ていくお金の量を無意識にふやしたりする。たとえ入ってきても、すぐ使ったりとかで、ちっとも家計がいい状況になりません。

 

f:id:kidism:20140108155401j:plain


節約とか、保険の見直し、住宅ローンの見直し、家計簿をつける、いろいろ、お金の悩みを改善する現実的な手立てはたくさんあります。けれど、そうしたものの奥にあるのは、ココロの問題なんです。無意識にお金を遠ざけておきたい、ココロの奥そこにある「思いグセ」です。

お金が嫌い、お金を持つと幸せになれないとか。そうしたお金を否定したり、お金に抵抗したりする「思いグセ」をやわらげることで、現実的な改善策を本当の意味で効果的にできるんですね。お金を必要としているのなら、背中を向けていけないんです。あなたはいかがですか?お金としっかり、向き合えていますか?

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.