お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

大丈夫、きっとそれは好転反応だから。

f:id:kidism:20151209180114j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
「夜明け前が一番暗い」とよく言いますが、実はこれ、ウソです。

実際の夜明けを目にすれば、ほんのり明るく、けっして暗くないことが分かります。自然現象として一番暗いのは真夜中だそう。

でも、人生においては「夜明け前が一番暗い」は真実。たんなる気休めではありませんよ。誰もがくり返し経験する人生の法則、私たちに課されたルールのひとつです。

上手くいかないなぁと悶々としてたのに、ある日ふっと、事態が好転しはじめた。こんな経験はありませんか?

人生はエスカレーターのように同じ速さでは進みません。行きつ戻りつ、3歩すすんで3歩下がる。一進一退をくり返しながら、突然に大きくジャンプする。

「夜明け前が一番暗い」
人生が良くなっていく手前で、一時的に状況が悪くなることを「好転反応」と言います。

デトックスすると、好転反応が出る。

ヨガや断食を始めると、しばらく頭痛やだるさ、発疹などで不調になることがあるそうです。

体内にたまった毒素や老廃物が排出されて、身体のバランスが一時的に崩れるからだそう。

こうしたデトックス(毒だし)による「好転反応」は、身体だけでなく、私たちの「心」の中でも起こります。

大掃除でようやく汚部屋を片づけたのに、イライラしたり、ツイてないことがあったり。断捨離、片づけ、引き寄せや心理ワークなどをすると、はじめは情緒不安定になる人がいます。

たとえば、「モーニングページ」という筆記エクササイズがあります。

ただ、わきあがる感情をノートに書きだしていくだけなのですが、怒りや不安やトラウマなど、目を背けていた心の闇まで出てきて、一時的に不安定になります。

エクササイズの開発者であるジュリア・キャメロンも、「爆発的な怒りが表われる。怒りの後には悲しみが続き、抵抗と希望の波が交互に訪れる」と述べています。そうしたカオスを超えると、心身ともにさらなる健全さを取り戻せるのです。

好転反応の症状はさまざま。
頭痛、疲労感、イライラ、怒り、物悲しさ、湿疹、胃もたれ、・・・etc. 潜在意識下でずっと抑えていた感情がわき上がるので、おもに心が動揺しやすくなります。

イライラしやすい、落ち込みやすい、あげくにイヤなことが続いているなら、「好転反応」かもしれませんね。心身はいつも一定のバランスを保つようになっています。

毒素を吐きだすと、古いバランスが崩れ、混乱し、やがて新しいバランスを生み出します。好転反応はつらいですが、人生が好転しているシグナル(前兆)でもあるのです。

 

f:id:kidism:20131209022636j:plain

「好転反応かも?」と降参する。

好転反応は「古い自分」と「新しい自分」の綱引きのようなもの。あっちに傾き、こっちに傾き、ロープの中心は居場所を決めかねてさまよいます。

じりじりとした緊張感のなかで、しだいに「新しい自分」が優勢となり、ついには勝利します。

新しい自分が勝つことははじめから分かっていました。なぜなら、古い自分のままではもう、人生に対処できなくなっていたから。

好転反応とは、一皮むけて、より大きな自分へ脱皮していく通過儀礼なのです。

 

ニューヨクタイムズのコラムニスト、デイヴィッド・ブルックスは「あなたの人生の科学」でこんなふうに書いています。

「しばらく停滞した後に壁を突破して一気に向上、ということを繰り返す。壁を突破する時、というのは、物の見方が変わる時である」

誰もが、人生とは、私とは、世の中とはこういうものだ、という「物の見方」を持っています。

つまり、好転反応とは「物の見方」を変えるための通過儀礼。古い人生観のままでは、もう上手く生きられない、だから、新しい人生観を欲するのです。

 

子どもの頃は毎朝、母親に叩き起こされるまで、ぬくぬくの布団にへばりついていませんでしたか?

私たちはいつも必要なタイミングで、人生に叩き起こされるようになっています。

「いいかげんにしなさい!」と掛布団をはぎ取られ、寒さに震えて、ようやく観念して起き上がるのです。

古い自分にへばりついても、抵抗はムダに終わります。朝は来ました。古い自分とさよならする時が来たから。ですから、出来ることと言えば「ああ、好転反応かも?」と降参するくらいです。

 

もしも、好転反応が辛かったら。

好転反応が表われたら、その状況や感情と向き合うしかありません。イライラや物悲しさや、そうしたさまざまな感情を感じきること。感じるきることで、感情は流れ去ります。

 ですが、やっぱり辛いし、早く終わってほしい・・・。何かしらのエクササイズやヒーリングに取り組んでいる人なら、途中でやめたいと思うでしょう。

通過儀礼を早く終わらせる方法はありません。
「物の見方」が変わるまで、好転反応は続きます。でも、ちょっとした「おまじない」で、心の痛みはやわらぐかもしれませんよ。

 


ひどくイライラしたり、悲しくなったら、「鎖骨のすぐ下で真ん中あたり」か、「脇の下で5cm下あたり」、もしくは「手の甲で小指・薬指の3~4cm下あたり」を軽く2~3本の指で叩いてください。ネガティブな感情にどっぷり浸りながら、1~2分叩きつづけます。


 

これは「タッピング」とよばれる方法で、その周辺にツボがあり、情緒を安定させるのに効果があります。

信じるかどうかはお任せしますが、我が家の幼い娘が眠るとき、脇の下を軽くたたくとスーっと眠りにつきます。肩のコリでもほぐすように一度試してみてください。

 

他にも、ひとしきり泣く、たっぷり寝る、それから根拠は不明ですが、水をよく飲むなども効果があると言われています。占いを信じてもいいし、怪しいおまじないを使っても構いません。

もっとも大事なことは、古い自分に戻りたい衝動に負けないことです。

忍耐という言葉はあまり好きではないのですが、こればかりは、耐えるしかない。

好転反応をポジティブに乗りこえていくために、あなたが信じられるものは何でも都合よく利用しましょう。

何を信じてもいいのです。
ただし、「変わる」ことからは逃げないくださいね。

 

f:id:kidism:20140729204203j:plain

かならず、朝は来る。

人生の好転は、同じスピードでは進みません。
行きつ戻りつしながら、突然に大きく前進しはじめます。

キャリアコンサルタントのウィリアム・ブリッジズは著書「トランジション」で次のように述べています。

「人間の一生はほかの自然と同様、ほとんど観察しがたいほどの変化がゆっくりと蓄積され、それから、ある日突然に巣立ったり、氷が融けたり、葉が落ちるというようなはっきりした現象が現れる」

 

ですから、急がず、焦らず、後戻りせずです。

私たちが起き上がる気になるまで、人生はたたき起こしつづけます。必要なことを学ぶまでは、布団をはぎ取りつづけるでしょう。

好転反応を乗りこえるには、ただ、あるがままでいるだけです。

 

「好転反応というものがある」、「夜明け前が一番暗い」ということを知っておくだけでも、気持ちがずいぶん軽くなります。

ある日ふと振り返って、自分の人生が変わったことにきっと驚くでしょう。

かならず、朝は来るのだから。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.