お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

「好き」なことに、素直になれない理由

f:id:kidism:20170616163823j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
お金がないので、好きなコトを我慢している。今は働くことに専念して、余裕ができたら、好きなことをするんだ。」

「とにかく働いて、定年になったら、好きなことをして老後を過ごしたい。」

あなたはどう思います?もちろん、生き方の一つですし、ストレスがないなら、その人にとってはベストな選択なのでしょう。

ただ、好きなことは我慢するより、追いかけていたほうが、豊かさを引き寄せる状況が生まれやすい。好きのパワーって、本当にすごいですから。

もちろん、得られる豊かさというのは、お金に限りません。友人、恋愛や結婚、パートナーや子どもとの良好な関係、人間的な成長、純粋な喜び・・・、いろんな形の豊かさを引き寄せるようになります。

もしも、あなたに好きなことがあるなら、今すぐにでもはじめたほうがいいですよ。

 

「好き」という感情が教えてくれること

好きなことを、今すぐにはじめる。これは、仕事として好きなことをする、ということに留まりません。趣味や日常のささやかな楽しみとしてでもOK。

お金にならなければ、好きなことをしてはいけないのでしょうか?お金のために、好きなことをしてはいけないのでしょうか?

お金になろうが、なるまいが、好きなものは好き。これが真実です。ところで、「好き」という気持ちは、いったい何を意味しているのでしょう?

・・・それは、「好き」を通じて得られる、あらゆる喜びや体験が、私の人生に必要だというシグナルなんです。「好き」という感情が、「ほら、これ、すごく大事だよ」って教えてくれているんですね。

 

私のクライアントさんには、「私も歌を歌うのが好きなんです!」と教えてくれる人がよくいます。(プロフィールに歌うのが趣味、と書いているからですね^^)

それから、「ペットと過ごす時間が生きがいです!」とおっしゃる女性もよくいます。(私も犬と猫、実家で飼ってました、大好きです^^)

絵を描くのが好き、マリンスポーツが好き、海外旅行が好き、踊るのが好き、・・・。ずっと続けたいから、これからも大事にしたいから、お金も充実させたいんです!と。

 

お金や時間がなかったとしても・・・

私の妻は、「家の間取りを妄想するのが好き」です。住宅情報のチラシやカタログがあると、いつも食い入るように見つめています。ずっと昔から、買うとか買わないとかの状況以前のときでも。

先週の金曜日、私たちは新しい家に引っ越しました。予算を組み、家を売却して、土地をみつけ、設計士さんと打ち合わせつづけ、引っ越しの手配をして、・・・。

ここまで一年もの間、ほぼすべて、妻がひとりでやり遂げたんです。共働きで、家のことをしながら、誰にもがんばれと言われなかったのに。

 

トラブルやイヤな思いもあるなか、夢中でがんばれたのはきっと、「家のことを考えるのが好き!」だったからでしょうね。

その「好き」のパワーのおかげで、私と娘も、妻の情熱が形になったステキな暮らしを堪能できています。本当にありがたいことです。

お金がない、時間がないから、我慢しているということもあるでしょうけれど・・・。でも、本当に好きなことって、お金や時間がなくても、地道に続けてきたことの延長にあったりします。

 

好きなことをはじめるために

人によっては、何が「好き」なのか分からない、という悩みがあるかもしれませんね。好きなものがないから、ついつい、TVばかり見てしまう、ネットサーフィンやSNSで時間をつぶしてしまう、お酒ばかり飲んでしまう?・・・

好きなことを見つけるのは、ガラクタにあふれた部屋の中から、自分の古いアルバムを見つけ出すのに似ています。

まずは、ガラクタから片づけないと。TVやネットサーフィンをやめてみる、というのも1つのやり方かも。本当に自分にとって大切なもの、好きなことが見えてくるかもしれませんよ。

f:id:kidism:20171010154415j:plain

お金があったら、やってみたいことはありますか?お金がなくても、できることはありますか?

何十年か後、お金と時間の余裕ができたら好きなことをする、なんてもったいない・・・。今、どうしたら「好きなこと」をはじめられるでしょうか?

 

うっかり、がんばってしまうこと

じつは私も、大好きなことで、うれしい引き寄せがありました^^ 先週の土曜日、長年通っている大人の音楽教室の、ヴォーカル・コンテストに参加したんです。

楽器店が主催している、小規模なもの。とはいえ、歌好き、歌自慢が集まっていますから、なかなかハイレベル。その中で、なんと優勝できたんですよ。

じつに過去4年、チャレンジしては失敗のくり返し・・・。ようやく、念願叶って結果を引き寄せた、という感じです。

たかが趣味と笑われるかもしれませんが、悔しい思いをたくさんしました。それでも好きだったから、ようやく、報われる喜びに浸ることができています。

 

きっと、どんなことでもいいんだと思います。少しでも、毎日の生活のなかで、好きなことをしてください。人にどう思われるか?すら、考える必要もない。

誰かに「がんばれ」と言われなくても、「うっかり、がんばってしまうこと」は何ですか?

 

「好き」なことに、素直になれない理由

お金がない、時間がない、というのは、好きなことに取り組めない、本当の理由ではありません。

どうせムリなんじゃないか
やってもムダなんじゃないか
そんなことをして、いったい何になるんだろう?」・・・

意識の底にべったりと貼りついている、こうしたネガティブな感じ方のクセに気づいていますか?

私は好きなことをしてはいけない」と感じているのかもしれません。「好きなことをしても報われない」と信じているのかもしれません。

心の中のどんな思いが、あなたを「好きなこと」から遠ざけているのでしょう?

 

・・・

 

「好き」という感情は、それがあなたにとって必要な体験である、というシグナルです。

いつも思うようにいくわけではありませんが、それでも「好き」の後ろ姿を追いかけてください。

ピョンピョンと飛び跳ねる白ウサギのように、あなたを豊かさの世界へと導いてくれますよ^^

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.