お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

一番素敵なことは、偶然起こる。

f:id:kidism:20170123200344j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
先日、ファインディング・ドリーというディズニー映画を、DVDで見ました。アカデミー賞で長編アニメ賞をとったファインディング・ニモの続編です。

主人公は、見たり聞いたりしたものを、どんどん忘れてしまう、青い熱帯魚。生きわかれた両親を探すために、仲間の手を借りながら、大海原を旅する物語です。

その劇中、主人公の「魚」が叫んだあるセリフが、私のハートを射抜きました。(観終わっても、この言葉は忘れたくない!)聞いた瞬間にそう感じたんです。おかげでそこから5分ほど、話の展開が分からなくなりましたが・・・。私の思考をストップさせた、そのセリフとは、「一番素敵なことは、偶然起こるの!

一番素敵なことは、偶然起こる。

・・・んん?ピンと来ない人も、多いかもしれませんね。努力しないで、うまくいくことを期待している、ように聞こえます。がんばらなくても、そのうち何とかなるよ。そう聞こえる。

もちろん、運命任せの言葉になんか、ハートを射抜かれたりしませんよ。私はロッキーが好きですし、昭和のスポ根アニメで育った、地道な努力家タイプです^^ でも、人生を振り返ると、がんばって、がんばって、結局はいつも、こう思う。思わぬところで、「神の手」が働いてくれたなって。

ラッキーが舞い込んで、人生がうまく好転した経験は一度や二度ではありません。仕事や趣味や結婚でも、「引き寄せた!」って感じるんです。あくまで私の場合ですが、人生の転機になると、シンデレラに出て来る、魔法使いのような人が現れて、誰かや、何かとのご縁を結んでくれたりすることが多い。

偶然を楽しんでいますか?

もちろん、努力して、それに見合った結果が出ることもたくさんあります。それでも、節目で起きた素敵なことって、いつも偶然がきっかけなんですよね。「一番素敵なことは、偶然起こる。」それは人生の波に乗れたときに、やってくる体験なのかもしれません。いや、ひょっとしたら、あなたにもあるのでは?偶然をきっかけにして始まった、幸せな経験が・・・。

「偶然を信じるなんて、バカげてる。」たしかにそうかもしれません。けれど、そもそも、人生なんて偶然の連続だと思いませんか?誰と友だちになるのか?何を仕事にするのか?どんな人と恋に落ちるのか?あなたが今、そこにいるのも偶然ですしね。私たちは人生をあらかじめ計画して、生まれてきたわけじゃない。「偶然を楽しむために生まれてきた。」そんなふうに感じるんです。

あなたは楽しんでいますか?人生で起きる偶然を。まぁ、楽しめないことも、いっぱいありますけどね・・・。私も日々、いろんな葛藤を抱えて暮らしています。家庭だって、仕事だって、イヤな思いはしたくないし、失敗したくない。だから先回りして、あれこれ計画しておきたくなる。でも、結局はコントロールできないんですよね・・・。

人生はコントロールできる?

半年ほど前のことです。家族で銀座へ遊びに行ったんですね。あまり行く機会がないので、シャレた街並みを歩きながら、いい休日過ごせてるな~なんて、私はご満悦でした。でもその帰り道、幼い娘がごねだした。「銀座駅からかえりたい!」「遠回りだからダメ、もう、新橋駅だよ。」そう言っても、聞いてくれない。しまいには駅のホームで大号泣。

まわりの人が見てるし、恥ずかしい・・・。けれど、娘のわがままに屈するわけにはいきません。良くも悪くも、自分の思いどおりに、ことは運ばない。そう教える必要があったからです。人生を思いどおりにしようなんて、子どものわがままと同じ。私もまた、学びました。いい休日にしよう!そんなに都合よくいきませんよね。

それでも、この世界には、希望を叶えられる可能性が、たくさんある。同時に、甘んじて受け入れなきゃならないこともある。それでも十分です。人生は、美しい。

 

f:id:kidism:20160726104922j:plain

奇跡を引き寄せるには?

あなたの人生に奇跡はありますか?思ってもみないことが、思ってもみない形で実現する、それが奇跡です。あなたがまだ、奇跡を引き寄せていないのなら、「私の人生、こうでなければ!」と、決めつけすぎているのかもしれません。「一番素敵なことは、偶然起こる。」ときには偶然に身を委ねてみてください。

たとえ、思い通りにいってなくても、計画どおりに運んでなくても、偶然が起きる余地を、人生に残しておきましょう。リラックスしてください。見えない「神の手」が働く余地を、つくるんです。未来の幸せをイメージしながら、今できることをして、でも、その叶い方は人生に委ねてみましょう。

たとえば、私は婚活で何度も合コンに行きましたが、結局出会ったのは、予想外の人がとりもってくれたご縁でした。大学でゼミに入るときは、優秀な先輩がコネで引き上げてくれました。就職では、恩師のご友人が社長をしている企業に、縁故採用してもらいました。

30歳のころ、起業セミナーで出会った人に誘われて飲み会についていったら、そこでベンチャー経営者にスカウトされて、そのまま転職しました。起業したときは、友人がたまたま作っていたアクセサリーを、ネット販売して、9年も続きました。

それから、「心のあり方」を変えたら、するっと人生が好転したので、今度はその方法を人に教えることにしました。すべて、ハタチの頃にイメージしていたとおり、ではありません。まったく計画どおりではない。けれど、その時々「一番素敵なことは、偶然起こった」という実感があります。

偶然から生まれる幸せを、許す

みなさんも今、きっといろんなことを頑張っていると思うんです。働くこと、恋すること、家族と過ごすこと、それでいいんだと思います。今できることをしっかりやる。そのうえで、もしかしたら、あなたが予想もしないところから、ラッキーはもたらされる可能性がある。

人生をこうだと決めつけずに、自然に展開するままに任せてみてください。あなたがその手を離さないと、「神の手」が働かないんです。「一番素敵なことは、偶然起こる。」このセリフを3回、つぶやいてみましょう。

あなたの人生にも、奇跡は起きます。コントロールしすぎないで。偶然から生まれる幸せを、自分に許してあげてくださいね。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.