お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

「お金がない」不安をやわらげる方法。

f:id:kidism:20131218174034j:plain

こんにちは!ライフコーチの小島です。

「お金がない」。こんなに心細くなる言葉もそうはないですね。こうした状況に置かれたら、誰であっても正気でいられません。時間がない、恋人がいない、痩せられないなどとは悩みの次元が違います。この社会の「お金がない」は、イコール「生きられない」という生存にかかわる恐怖だから・・・。

もしお金の不安を感じていたら、手っ取りばやく稼ぐ方法や、すぐお金になる仕事を探したくなるかもしれません。生きていかなくちゃならない、と思いつめるのも当然。ただできれば、まずしてほしいのは行動ではなく、少しでも「不安をやわらげる」こと。不安にせっつかれて行動すると、状況がどんどん悪くなります。

不安が、あなたの脳力を低下させる。

「あせって、視野が狭くなってたな・・・」。そんな経験はありませんか?たとえば、人前でスピーチやパフォーマンスをした時。はじめは緊張していて、聴衆や会場の光景を見てはいても、あまり認識できなかったのでは?でも少しずつリラックスするにつれて、聴衆の顔をより多く、会場を広く見渡せるようになったりします。

人は「余裕がない」と、見える範囲が狭くなります。脳が目の前の危険に集中して、それ以外の情報をシャットアウトするからです。たとえば、真っ暗なトンネルの中にいる状況を想像してみてください。周りの状況はよく見えません。ただ、前方に光がぽつんと見えているだけ。視野が狭くなり、他にもいろんな可能性があることに気づかなくなります。

キャッシングをキャッシングで返済するような無謀な行動も、この「余裕のなさ」が引き起こしています。行動経済学者のセンディル・ムッライナタンはこんなふうに述べています。「誰しも(恐れや)欠乏を感じる状況におかれると、近視眼的行動に追い込まれる。トンネルは万人の視野を狭くする」。誰でもそうなるのです。「不安」や「恐怖」で、もともとの認識力や判断力、問題解決力が著しく下がってしまうのです。

 

f:id:kidism:20140103144433j:plain

不安という魔物と向き合う。

「お金がない!」「お金がない!」と不安に追いかけまわされていては、現状を正しく理解し、適切な判断をくだすのは難しいでしょう。「不安」や「恐れ」は、あなたや私を幼い子どものように無力化します。経済的な悩みに対処するためには、「不安」から逃げるのではなく、まずはしっかりこの魔物と向き合いましょう。

いまから、不安をやわらげるのに役立つ、簡単なエクササイズをご紹介します。「EFTタッピング」という心理療法です。EFT(Emotional Freedom Technique)とは感情解放テクニックの略。指先で体のツボを「軽くたたく(Tapする)」ことで、ネガティブな感情をやわらげます。はじめて聞いた人は、おまじないか何かのように感じるかもしれませんね。

EFTタッピングは米国CBS放送、英国BBC放送でも紹介され、世界中で報告されている事例は数万件とも言われています。肩がこったり、目が疲れとき、ツボを押して症状がやわらいだことはありませんか?実際、ツボへの刺激は心の痛みにも効くのですが、医学的根拠はまだ完全に解明されていません。一説では、脳のストレス反応をコントロールする扁桃体の働きを抑えると言われています。

「お金がない」不安をやわらげるタッピング

よく分からないけど、なぜか効く。これでは魔法のようですが、効果がなくてもムダにするのは3分ほど。気分転換がてらに、ちょっと試してみてください。タッピングは、「不安」や「恐れ」をやりこめる魔法の杖になります。

ここでは、不安によく効くとされる4つのツボを使います(「タッピング入門(ロベルタ・テムズ著)」を参考)

①「目の下」②「鎖骨(すぐ下)」③「わきの下」④「Vスポット」です。たたくコツは、人差し指、中指、薬指の2~3本で軽くたたく。1秒間に2~3回程度、心地よい強さとテンポで。たたくツボは左右のどちらかでOK。

f:id:kidism:20150903105759j:plain

 次のフレーズを唱えながら、①~④の各ポイントを順番に軽くたたきます。

たとえ、<お金がなくて不安だとしても>、わたしはだいじょうぶ。

「お金がない」という不安や恐怖をしっかり呼び起こして、タッピングしましょう。①~④を2回ほど繰り返して、気持ちに変化があるか確認してください。効果があるようなら、気持ちがラクになるまで繰り返します。

お金=自分の価値、ではない。

心が落ち着けば、本当の解決に向かって行動できるようになります。いまの経済状況をきちんと把握する、ムダな支出を減らす、頼れる身内や専門家に相談する。とにかく、不安によって低下した、あなたの脳力をとりもどすのが近道です。お金がないというのは、一時的な状況です。今がそうだから、これからもそうあるわけではない。お金がないことを、イコール「自分の価値」だと決めつけないでくださいね。

自分の現状と正直に向き合う力があれば、いくらでも一時的な状況は変えられます。情けない気持ちになるときもあるでしょう。そんなときは半信半疑でも、まずはタッピングを試してみてください。使えるものはすべて使いましょう。過去にとらわれず、未来を悲観せず、ただこの瞬間から立ち上がるんです。怖れをごまかさず、きちんと向き合えば、あなたはきっと力を取りもどしますよ。

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.