お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

友達の結婚を祝福できないときは・・・

f:id:kidism:20131222105248j:plain

こんにちは!ライフコーチの小島です。

友だちからの結婚報告って、なんだかドキっとしません?「今度、彼と結婚するの♪」「彼女と婚約したんだ!」もちろん、あなたはこう言うでしょう。「それは、おめでとう」。自分がリア充だったら、心から祝福できるんです。でなければ、実際はかなり切ない。心の中は複雑ですよ。悔しいし、さみしい。

私もひとり暮らしで、実家に帰らずに正月を迎えたときは、切なかったです。しかも、友だちから家族写真入りの年賀状が届いて、「なにやってんだろう、俺・・・」って。もっとキツイのは、友だちの結婚式に出ることでしょうか。他人を祝福してる場合じゃないだろ!?なんて自分に突っ込みを入れたりして・・・。

嫉妬はして当たり前

アラフォー、いや30代以上だったら、皆さん、こういう体験はしてると思います。早く結婚してしまった人には、分からない心の痛み。人間って、嫉妬する生き物です。自分よりも幸せそうな人や、優れていたり、たくさん何かを持っていたり、そういう人に出会ったら、誰でも嫉妬します。安心してください、みんな嫉妬しますよー!

私たちの心は欠陥だらけなんです。自分が幸せになりたいくせに、他人が幸せになると腹が立ったり、悔しかったり、情けなくなったりする。筋が通らないし、ぜんぜん合理的でもありません。哲学者のショーペンハウエルは、かつてこう言ったそうです。「他人の喜びを共に喜ぶのは、天使の特質である」そのくらい難しいことなんですね。

だからって、嫉妬心を放置していいのか?あなたはどう思います?もしもその嫉妬心が、あなたの婚活を邪魔していたとしたら。

たとえば、芸能人が結婚したニュースを見て、こんなふうに思ったとします。どうせすぐ離婚するんじゃないの、ぜんぜん釣り合ってないんだけど、ぜったい苦労するよ、なんて。その時、私たちは無意識に、こうも感じています。「結婚したって、幸せにはなれない。私には必要ないな・・・

私たちは心の中で感じたことを、外側の人生でも体験します。もっと簡単に言うと、こういうことです。他人の幸せにケチをつけると、自分が幸せになれません。なぜなら、自分の心の奥深いところに向けて、「結婚には価値がない」というメッセージを送っているからです。

嫉妬とライバル心は違う

私たちの行動の95%は、無意識にしているものです。歯を磨くのも、車を運転するのも、パジャマに着替えるのも、ほとんど、無意識にしてるんですよ。ちゃんと考えてやってることは少ないんです。

私たちの人生は、潜在意識(無意識)に大きな影響を受けています。「結婚には価値がない」というメッセージが潜在意識に刻まれたらどうなるか?結婚したくても、結婚を遠ざけるように行動してしまいます。

他人に向けたネガティブな感情は、かならずあなたに返ってきます。あなたが批判した人が持っているものを、あなたは無意識に遠ざけるようになる。その人と同じ幸せを体験できないままです。

友だちに負けたくない、そのライバル心でがんばれる?いえいえ、大間違い。ライバル心とは、相手に対するリスペクトがあって成り立つもの。うらやましい、あんなふうになりたい、超えてやる。それならいいんです。うらやましい、でもあんなふうにはなりたくない。これでは嫉妬なんです。嫉妬とライバル心は違うんですよ。

「心のクセ」を変えていく。

あなたはどうですか?友だちに恋人ができた、友だちが結婚した。今までのあなたなら、どんな行動をとってきましたか?うっかり、嫌味の一つも言ってしまっているなら、その意識は変えたほうがいい。性格を変えるのではありませんよ。あなたの意識、「心のクセ」を変えるんです。潜在意識に刻まれた「心のクセ」です。

なかなかご縁に恵まれない・・・。そんな悩みがあるとしたら、結婚を遠ざけてしまう「心のクセ」があるのかも。無意識にやっているから、自分では気づかないことが多いんです。その一つが、他人の幸せに嫉妬するという「心のクセ」です。

さきほど誰にでもあると言いました。でも、それをやわらげられる人と、むき出しにしてしまう人がいる。どこでその違いが生まれてしまうんでしょうか?それは、自分の嫉妬に気づいているかどうかです。

この歳になって未婚で、どうして私が他人を祝福しなきゃならないのか・・・。置いてけぼりをくったような、情けなさやさびしさ。そういうのはあっていい。あっていいけれど、その嫉妬心をごまかさず、感じきって、受け入れていくんです。

幸せを自分に許可するために

ネガティブな感情は、そのネガティブさに気づいていて、しっかり感じようとすれば、
次第に消えていきます。嫉妬を感じたら、そのまま、感じきる。自分がどんな気持ちになっているのか、ごまかさずに。泣いたっていいんですよ。ただし、友だちを批判したらダメ。何か文句を言いたくなったら、それがまさに、嫉妬心をごまかそうとしているってことです。

他人を心理的に引きずりおろして、ごまかそうとしているんです、自分の心の痛みを。もし、友だちの幸せを知っても、ごまかさずに、ありのままの感情を感じつづけたらどうなるか?嫉妬心がわき上がるたびに、次第にやわらいていきます。他人の幸せを素直に喜べるようになります。

その結果は?あなたの潜在意識が、「幸せになることを許可」してくれる。幸せを遠ざけずに、引き寄せてくれるようになるんですよ。結婚や恋愛だけじゃありません。お金持ちに嫉妬していたら、お金持ちになれません。健康な人に嫉妬していたら、あなたも健康にはなれないんですよ。

f:id:kidism:20161217171418j:plain

友達の結婚を祝福する

あなたが欲しい幸せを、すでに持っている人がいたら、祝福するようにしてください。文句を言いたくなったら、自分がその時にどんな気持ちなのか、ちゃんと感じてください。自分の感情がよく分からなかったら、胸のみぞおちに意識を向けてください。不快さを感じると、みぞおち辺りに違和感を感じる人が多いですから。

友だちの幸せを素直に喜べない。そういう自覚があるなら、あなたは素直な人です。大丈夫ですよ。私たちの心は不完全に出来ています。他人を嫉妬するように出来ているんです。友達の結婚や恋愛なんて祝福できない・・・。それでもなお、友だちの幸せを祝福してください。友だちのためでもあるけど、あなたのためなんです。

嘘でもいい。幸せな人に会ったら、嫉妬に気づいて、「おめでとう」って心の中でつぶやいてみましょう。あなたの潜在意識に語りかけるために。「幸せな結婚や恋愛って、いいものなんだよ」って、自分に教えてあげるんです。

ニュースで芸能人の結婚を知ったら、おめでとうってつぶやくのもいい練習です。何度も何度もくり返してみる。「おめでとう!」の気持ちが習慣化するまで。今度はそれが、新しい「心のクセ」になります。

あなたはいくつになっても、いい出会いを引き寄せられます。頭で考えなくても、あなたの心が、潜在意識がそうなるように動いてくれる。この世界は、与えたものが返ってくるように、ちゃんとできてますから。

              

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.