お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

心の重荷をおろすと、人生は軽やかに踊りだす。

f:id:kidism:20151012043730j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

あ~、重い、おもいよ~。
ここ数日、パソコンの動きが妙に重くて、鈍い。

これじゃ、仕事が進まないよ!っなんて憤るほど、仕事が早いわけではないんですが・・・、それでもやっぱり、ストレスフル

パソコンがサクサク動くと、自分の頭までサクサク動く!・・・ような気がしますしね。

そんなことを思っていたら、ごく初歩的な対処法に行きつきました。
ハードディスクの不要データを減らして、空き容量を増やす。

それで、あっさりと解決。アプリの立ち上がりがスムース、動きもサクサクに^^

「不要なものを削除」するとパソコンってものすごく軽くなりますよね。
これ、私たちの心も同じだって、知ってましたか?

 

続きを読む

「まぁ、なるようになるさ」と気持ちが軽くなる呪文

f:id:kidism:20160405155059j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

昨日の横浜はとっても風が強くて、桜もかなり散ってしまいました。
強風で枝からひきちぎられる花びらは何だか残酷。

でも、ゆるやかな風になびいて、ひらひら舞い散る桜はこのうえなく美しいですよね。

ここ数日、そんな桜の花びらが舞う様子を眺めながら、ずっと頭の中にこだましている言葉があります。

好雪片々として、別所に落ちず
(こうせつ へんぺんとして、べっしょにおちず)

舞い散る雪のひとひらひとひらは、落ちるべきところに落ちている、という意味の禅語です。

人生、日々起きることはそうなるべくして、なっている。
まぁ、なるようになるさ、と私は解釈しています^^

 

続きを読む

あなたは誰に認められたいですか?

f:id:kidism:20161012032348j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

私は以前、「成功したい」という強い思いにとらわれていました。
その成功の中身とは、海が見える豪邸に住むとか、高級車を乗り回すとか、ベストセラー作家になるとか、世界中をクルージングするだとか。

まあ、誰でも思うようなことばかりです。

そして・・・、ちっとも成功していません^^

人生は成功しなければ意味がない、とまで思ってました。
成功してようやく、人生のスタートラインに立てる、そんな気すらも。

それである日、ふと思ったんです。

いったい何のために、私は成功したいんだろう?

 

続きを読む

頑張り屋さん vs ラクしたい屋さん

f:id:kidism:20170722121758j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

オリンピックとひな祭りが終わり、3月になって春めいてきましたね。
花粉も飛んでるようで、去年までは大丈夫だった私も、すこし目がかゆくなっています^^

オリンピックを見ていて、私はあらためて思いました。
がんばってる人が好きだな~って。

私もオリピック選手ほどの努力家ではないけれど、がんばっている自分は大好きです。

ここまで読んでいただいて、私に対する感じ方は二つに分かれるでしょう。

「お~、私も頑張り屋なんですよ、親近感わくな~。」
もしくは、「あー、苦手なタイプだ、ラクなほうがいいに決まってるのにって。」

 

続きを読む

何をしたいか分からないけど、キラキラしたいあなたへ。

f:id:kidism:20180206141619j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

何をしたいか分からない・・・、という人がたくさんいます。

何をしたいか分からないけれど、「もっと輝きたい、キラキラしたい」「自分らしく充実した毎日を送りたい」、そう願っている人がたくさんいる。
 

私も昔、そうでした。
大学生の頃、つたないギターでよく曲を作っていましてね。

ジャカジャカとかき鳴らし、ハミングでメロディを作って、一緒に歌詞も付けて。
たぶん30曲近く作ったでしょうか。
 

それで、友だちに聞かせたくなり・・・^^
当時はカセットテープでしたが、8曲を1本にまとめて、歌詞カードも作って、学校の友人たちに配ったんですよ。

自由でクリエイティブ、と言えば聞こえはいいですが・・・。
本当のところ、自分が何をしたいか分からず、本気になれるものをずっと探していた、学校生活でした。
 

続きを読む

無意識の「入力」を変えると、「結果」は変わる。

f:id:kidism:20180211205451j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

かれこれ10年以上、昔のことです。ネットショップを運営していた時、そのサイトに「店長の日記」なるものを毎日、書いてたんですね。

日記といっても70~80文字ほど。
基本テーマは、「クスっと笑える、間抜けでドジな話」。
くだらない日々の、出来事を書いてたんです。
 

何年くらい続いたでしょう?2年ほど・・・でしたか。
それでその2年間、どんな出来事を引き寄せていたと思います?

これがね、まったくじつにくだらない、ドジな出来事ばかり、起こるようになったんですよ。

 

続きを読む
Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.